異界樂画が必要な理由

異界樂画が、世の中をよくする!

日本という国は、世界で一番歴史のある国です。
一つの王朝が2600年以上も続いている国は、世界にただ一国、日本だけなのです。

にもかかわらず、現代日本人は、世界的に見ても「自己肯定感が低い」民族だと言われています。

才能、環境、実績などの条件がどうであるかにかかわらず、「自分は価値のある存在である」という意識があるかないか。

このことは、人生を豊かにおくれるかどうかを、大きく左右します。

 

けれど、そうとわかっていても、自己肯定感を高めるというのは、難しい。
慣れた考え方に戻ってしまうのもまた、人です。
自分でがんばって、意識を変えてみようとしても、土台ができていないと簡単に、もとに戻ってしまいます。

そんな時。

いつも、身近なところに置いて、見て、眺めて、「自分ってこんなに素敵なんだな」と実感できるものがあったら?

見るだけで、勇気がわいてきたり。
元気が出たり。
気持ちが高まったり。
自信が持てたり。

異界樂画は、そんな存在として、この世に降りてきました。

見えないものを可視化する絵師の手を通して、人のこころに明るい灯をともす。

そんな存在です。

少し目を上げれば見える位置に、異界樂画をかざっておく。
いつも、少しだけ意識して、顔をあげて、絵を見る。
それだけで、自然に、意識は向上していきます。

なぜなら。
そこに描かれているのは、「あなた自身の、素晴らしい一面」がカタチになったものだからです。

手帳に挟んで持ち歩く。
名刺に使ってみる。
アクセサリーにして、身につける。

常に、目に入るところに置いておき、ふとした瞬間に、自分の姿を確認してみる。

 

自己肯定感が高まると、恨みや怒りの気持ちは、やわらいでいきます。

人々の気持ちが穏やかになれば、世の中はよくなっていくでしょう。

 

異界樂画は、世の中をよくするのです。

まず、あなたが、それを手にしてみてください。